キエフ記譜法の音符

キエフ記譜法では、適切なスタイルの符頭が選択され、符尾と符幹を表示しないようにする必要があります。これらは符頭、符幹、符尾のプロパティを適切な値にセットする \kievanOn 関数によって行うことができます。キエフ記譜法の音符が必要なくなったら、\kievanOff 関数で元に戻すことができます。

キエフ記譜法における最終音符は、長さを \longa にすることで選ぶことができます。朗唱を表す音符は、1 つの音符でいくつかの音節を歌うことを示すために使用されますが、\breve で選ぶことができます。次の例では、いくつかの種類の符頭を例示しています:

\autoBeamOff
\cadenzaOn
\kievanOn
b'1 b'2 b'4 b'8 b'\breve b'\longa
\kievanOff
b'2

[image of music]

参照

音楽用語集: Kievan notation, note head

記譜法リファレンス: 符頭のスタイル

既知の問題と警告

LilyPond は音符を描画する際に、符幹の向きが上か下かを自動的に決定します。しかしながら、聖歌をキエフ記譜法で譜刻する場合、同じメリスマ内の音符は符幹を同じ向きにすることが慣習となっています。これは Stem オブジェクトの direction プロパティを手動でセットすることで行うことができます。

LilyPond 記譜法リファレンス v2.25.17 (開発版).