トルコ音楽の調号

LilyPond は 200 以上のマカームの調号の定義をサポートしています – トルコのクラシック音楽で使用されているものをはるかに超えています – 各マカームには独自の特定のトニック / finalis ピッチがあります (トルコ語では ‘karar’ として知られています)。

各マカームの finalis を認識することが重要です。 g がデフォルトのトニックであり、 rast がマカームの名前である例を次に示します。

\key g \rast

正しい臨時記号であるコマ フラット (b1) とコマ シャープ (f4) (どちらもトニック g に関連) が自動的に表示されます。

Selected Snippets

Turkish Makam example

This template uses the start of a well-known Turkish Saz Semai that is familiar in the repertoire in order to illustrate some of the elements of Turkish music notation.

\paper { tagline = ##f }

% Initialize makam settings
\include "turkish-makam.ly"

\header {
    title = "Hüseyni Saz Semaisi"
    composer = "Lavtacı Andon"
}

\relative {
  \set Staff.extraNatural = ##f
  \set Staff.autoBeaming = ##f

  \key a \huseyni
  \time 10/8

  a'4 g'16 [fb] e8. [d16] d [c d e] c [d c8] bfc |
  a16 [bfc a8] bfc c16 [d c8] d16 [e d8] e4 fb8 |
  d4 a'8 a16 [g fb e] fb8 [g] a8. [b16] a16 [g] |
  g4 g16 [fb] fb8. [e16] e [g fb e] e4 r8 |
}

[image of music]


LilyPond 記譜法リファレンス v2.25.13 (開発版).