特殊な符頭

符頭を変更することができます:

\relative c'' {
  c4 b
  \override NoteHead.style = #'cross
  c4 b
  \revert NoteHead.style
  a b
  \override NoteHead.style = #'harmonic
  a b
  \revert NoteHead.style
  c4 d e f
}

[image of music]

すべての符頭スタイルを調べるには、符頭のスタイル を参照してください。

cross スタイルはさまざまな音楽的意図を表すために使用されます。以下の定義済みコマンドは符頭を譜コンテキストとタブ譜コンテキストで変更し、何らかの音楽的意味を表すために使用することができます:

\relative {
  c''4 b
  \xNotesOn
   a b c4 b
  \xNotesOff
  c4 d
}

[image of music]

この定義済みコマンドの音楽関数は、譜コンテキストやタブ譜コンテキストの和音の内外で使用して、符頭を×の形にすることができます:

\relative {
  c''4 b
  \xNote { e f }
  c b < g \xNote c f > b
}

[image of music]

\xNote, \xNotesOn それに \xNotesOff の同義語として \deadNote, \deadNotesOn それに \deadNotesOff を使用することができます。dead note という用語はギタリストが一般的に使用します。

また、ダイアモンド形のための似たような短縮記法があります:

\relative c'' {
  <c f\harmonic>2 <d a'\harmonic>4 <c g'\harmonic> f\harmonic
}

[image of music]

定義済みコマンド

\harmonic, \xNotesOn, \xNotesOff, \xNote.

参照

コード断片集: ピッチ

記譜法リファレンス: 符頭のスタイル, 和音の音符, ハーモニクスとデッド ノートの指示

内部リファレンス: note-event, Note_heads_engraver, Ledger_line_engraver, NoteHead, LedgerLineSpanner, note-head-interface, ledger-line-spanner-interface


LilyPond 記譜法リファレンス v2.25.14 (開発版).