計量記譜法の符尾

Stem グラフィカル オブジェクトの flag-style プロパティで古代の符尾を選択できます。default スタイル以外では、mensural スタイルのみがサポートされています。

\relative c' {
  \override Flag.style = #'mensural
  \override Stem.thickness = #1.0
  \override NoteHead.style = #'mensural
  \autoBeamOff
  c8 d e f c16 d e f c32 d e f s8
  c'8 d e f c16 d e f c32 d e f
}

[image of music]

それぞれの符尾において、一番内側の膨らみが譜線と垂直方向に揃っていることに注意してください。

neo-mensural や Petrucci スタイル専用の符尾はありません。グレゴリオ聖歌の記譜では符尾は用いません。

参照

音楽用語集: mensural notation, flag

既知の問題と警告

符尾を譜線と垂直方向に揃える動作は、符幹の端がちょうど譜線の位置にあるか、ちょうど 2 つの譜線の間にあることを前提としています。クラシック音楽の記譜における高度なレイアウト機能を用いると必ずしもそうはならない場合があります (しかしながら、通常は計量記譜法において用いるものではありません)。


LilyPond 記譜法リファレンス v2.25.14 (開発版).