4.1.1 \paper ブロック

\paper ブロック 3 つの異なる場所に配置することができ、以下の順番でブロックの階層構造を作り出します:

\paper ブロックは、\score ブロックの中には配置できません。

フィールドの値は、この順番に沿って継承されます。つまり、高い階層でセットされた値は、下の階層で値がセットされて上書きされない限り保たれます。

各階層で、\paper ブロックは複数配置することができます。例えば、\include されるファイル毎に \paper ブロックを配置できます。その場合、それぞれの階層でフィールドの値が統合されます。同じフィールドが存在する場合、最後に出現した値が用いられます。

\paper ブロックで可能な設定には以下のものがあります:

set-paper-size 関数は次のセクション 紙面サイズと自動拡縮 で説明します。ページ レイアウトを扱う \paper 変数は後のセクションで説明します。ヘッダ、フッタ、それにタイトルを扱うマークアップ定義は カスタム タイトル、ヘッダ、フッタ で説明します。

たいていの \paper 変数は \paper ブロック内でのみ機能します。\layout ブロック内でも機能するいくつかの \paper 変数を\layout ブロック でリスト アップしています。

ページの長さに関係する \paper 変数の単位は、ユーザによって他の単位が指定されていなければ、ミリメーターです。例えば、以下の宣言は top-margin10mm に設定します:

\paper {
  top-margin = 10
}

top-margin0.5 インチに設定するには、単位接尾辞 \in を使用します:

\paper {
  top-margin = 0.5\in
}

利用可能な単位接尾辞は \mm, \cm, \in, それに \pt です。これらの単位はミリメーターから変換するための値であり、‘ly/paper-defaults-init.ly’ で定義されています。技術的には必要はありませんが、明快さのために、ミリメーターを用いる場合であっても \mm をコードに記述します。

Scheme を用いて \paper の値を定義することも可能です。上の例と等価な Scheme は以下のようになります:

\paper {
  #(define top-margin (* 0.5 in))
}

参照

記譜法リファレンス: 紙面サイズと自動拡縮, カスタム タイトル、ヘッダ、フッタ, \layout ブロック

インストールされているファイル: ‘ly/paper-defaults-init.ly


LilyPond — 記譜法リファレンス v2.23.5 (開発版).