4.1.3 固定された垂直方向の \paper スペース変数

Note: いくつかの paper 変数は紙面サイズに応じて自動的に拡縮され、結果として予期せぬ振る舞いを引き起こすことがあります。紙面サイズに応じた自動拡縮 を参照してください。

(拡縮する前の) デフォルト値は ‘ly/paper-defaults-init.ly’ で定義されています。

paper-height

ページの高さ – デフォルトでは設定されていません。これは垂直方向の長さの自動拡縮は影響を与えません。

top-margin

ページの上端と印刷可能エリアの上端との間のマージン。紙面サイズが変更されると、それに応じてこの長さのデフォルト値も拡縮されます。

bottom-margin

印刷可能エリアの下端とページの下端との間のマージン。紙面サイズが変更されると、それに応じてこの長さのデフォルト値も拡縮されます。

ragged-bottom

これが真に設定されている場合、システムは自然なスペーシングを保持します。ページに縦方向にフィットするようにスペースが伸縮されません。

ragged-last-bottom

これが偽に設定されている場合、最終ページと、\bookpart ブロックで作られた各セクションの最終ページが、途中のページと同様に縦方向に伸縮されます。

参照

記譜法リファレンス: 紙面サイズに応じた自動拡縮

インストールされているファイル: ‘ly/paper-defaults-init.ly

コード断片集: Spacing

既知の問題と警告

(\header ブロックによって作成された) タイトルはシステムとして扱われます。このため、ragged-bottomragged-last-bottom はタイトルと score の最初のシステムとの間にスペースを追加します。

明示的に定義された紙面サイズは、ユーザ定義の上または下のマージン設定を上書きします。


LilyPond — 記譜法リファレンス v2.23.5 (開発版).