\once 接頭辞

\override, \revert, \set, \unset コマンドには接頭辞 \once が付く可能性があります。これはこのようなコマンドをその場一回限り有効にし、その後にそのプロパティの値をデフォルト値に戻します。上と同じ例を使って、以下のように 1 つだけの音符の色を変更することができます:

\relative {
  c'4 d
  \override NoteHead.color = #red
  e4 f |
  \once \override NoteHead.color = #green
  g4 a
  \once \revert NoteHead.color
  b c |
  \revert NoteHead.color
  f2 c |
}

[image of music]

\once 接頭辞をさまざまな定義済みコマンドの前に置くことで、コマンドの効果を次の音楽タイミングに限定することもできます:

\relative {
  c'4( d)
  \once \slurDashed
  e4( f) |
  g4( a)
  \once \hideNotes
  b( c) |
}

[image of music]


GNU LilyPond 学習マニュアル v2.25.14 (開発版).