2.2.3 譜表グループ

音楽用語集: brace, staff, system.

ピアノ譜は ブレース でつながれた 2 つの譜表として譜刻されます。そのような譜表を譜刻することは 複数の譜 での多声の例に似ています。しかしながら、今度は表記全体が PianoStaff の中に挿入されます:

\new PianoStaff <<
  \new Staff …
  \new Staff …
>>

小さな例を挙げます:

\new PianoStaff <<
  \new Staff \relative { \time 2/4 c''4 e | g g, | }
  \new Staff \relative { \clef "bass" c4 c' | e c | }
>>

[image of music]

ピアノ譜以外の譜表グループ化はオーケストラ譜向けには \new GrandStaff で、ボーカル譜向けには \new ChoirStaff で導入されます。これらの譜表グループはそれぞれタイプの異なるコンテキストを形成し、各システム (訳者: 楽譜 1 行分のこと。ピアノ譜では右手と左手の 2 つの譜表ペアでの 1 行が 1 システムになります) の左端にブレースを付けて、さらに、小節線の高さを制御します。

参照

記譜法リファレンス: Keyboard and other multi-staff instruments, 譜を表示する


LilyPond — 学習マニュアル v2.23.3 (開発版).