A.1.1 SATB テンプレート

1 つの譜表にボイスを 1 つ含むか 2 つ含むかは、それぞれ TwoVoicesPerStaff##f##t にすることで設定できます。

これが各パートに歌詞が付く 4 パート SATB 譜とピアノ伴奏譜を持つ完全な入力ファイルです:

  SopranoMusic = \relative { a'4\f a8 a a4 a }
  SopranoLyrics = \lyricmode { Sop -- ra -- no ly -- rics }
  AltoMusic = \relative { d'4\f d d d }
  AltoLyrics = \lyricmode { Al -- to ly -- rics }
  TenorMusic = \relative { a4\p a a a }
  TenorLyrics = \lyricmode { Te -- nor ly -- rics }
  BassMusic = \relative { c2\p c4 c }
  BassLyrics = \lyricmode { Bass ly -- rics }
  PianoRHMusic = \relative { c' e g c }
  PianoDynamics = { s2\mp s4 s4 }
  PianoLHMusic = \relative { c e g c }
  \include "satb.ly"

[image of music]

1 つの譜表にボイスを 2 つにする場合も同じ入力で良く、単にTwoVoicesPerStaff##t にセットするだけです。同様に、各パートに歌詞が付きます。

  SopranoMusic = \relative { a'4\f a8 a a4 a }
  SopranoLyrics = \lyricmode { Sop -- ra -- no ly -- rics }
  AltoMusic = \relative { d'4\f d d d }
  AltoLyrics = \lyricmode { Al -- to ly -- rics }
  TenorMusic = \relative { a4\p a a a }
  TenorLyrics = \lyricmode { Te -- nor ly -- rics }
  BassMusic = \relative { c2\p c4 c }
  BassLyrics = \lyricmode { Bass ly -- rics }
  PianoRHMusic = \relative { c' e g c }
  PianoDynamics = { s2\mp s4 s4 }
  PianoLHMusic = \relative { c e g c }
  TwoVoicesPerStaff = ##t
  \include "satb.ly"

[image of music]

TwoVoicesPerStaff##f にセットされている(あるいはデフォルトの)時、変数宣言を省略することで、声部の数を減らすことができます。例えば、ソプラノとバスのデュエットはこのように入力します:

  SopranoMusic = \relative { c'' c c c }
  SopranoLyrics = \lyricmode { High voice ly -- rics }
  BassMusic = \relative { a a a a }
  BassLyrics = \lyricmode { Low voice ly -- rics }
  \include "satb.ly"

[image of music]

2 番の歌詞や代わりの歌詞を各パートに追加することができます:

  SopranoMusic = \relative { a'4 a a a }
  SopranoLyricsOne = \lyricmode {
    \set stanza = "1."
    Words to verse one
  }
  SopranoLyricsTwo = \lyricmode {
    \set stanza = "2."
    Words to verse two
  }
  \include "satb.ly"

[image of music]

歌詞とリズムが全てのパートで同じである場合、2 つの譜表を用いると良いでしょう。この時、歌詞は 9 番まで入力できます。これが伴奏無しで、3 番まで入力した例です:

  SopranoMusic = \relative { a' a a a }
  AltoMusic = \relative { f' f f f }
  VerseOne = \lyricmode {
    \set stanza = "1."
    Words to verse one
  }
  VerseTwo = \lyricmode {
    \set stanza = "2."
    Words to verse two
  }
  VerseThree = \lyricmode {
    \set stanza = "3."
    Words to verse three
  }
  TenorMusic = \relative { a a a a }
  BassMusic = \relative { f f f f }
  TwoVoicesPerStaff = ##t
  \include "satb.ly"

[image of music]

値を与えることができる変数が他にもあります。調号と拍子記号はこのように変更します:

  Key = \key a \major
  Time = {
    \time 5/4
    \tempo "Allegro" 4 = 144
  }
  SopranoMusic = \relative { gis' gis gis gis gis }
  AltoMusic = \relative { cis' cis cis cis cis }
  VerseOne = \lyricmode { Words to this du -- et }
  TwoVoicesPerStaff = ##t
  \include "satb.ly"

[image of music]

楽器名と短い楽器名も変更することができます:

  SopranoMusic = \relative { c'' c c c }
  SopranoLyrics = \lyricmode { High voice ly -- rics }
  SopranoInstrumentName = "Soprano 1"
  SopranoShortInstrumentName = "S1"
  AltoMusic = \relative { a' a a a }
  AltoLyrics = \lyricmode { Low voice ly -- rics }
  AltoInstrumentName = "Soprano 2"
  AltoShortInstrumentName = "S2"
  \include "satb.ly"

[image of music]

この例では、このようにするより ssaattbb.ly のテンプレートを用いる方が簡単でしょう。 SSAATTBB テンプレート を参照してください。

デスカントは変数 DescantMusic を定義することで追加でき、デスカントの歌詞は DescantLyrics を定義することで追加できます。同じように、ソロパートは SoloMusicSoloLyrics を定義することで、グループ化された合唱譜の上に追加することができます。

\header ブロックや \paper ブロックは通常のように追加できます。 \layout ブロックも通常のようにトップレベルに追加でき、内容はテンプレートにデフォルトで定義されている設定と組み合わせられます(上書きは行いません)。その代わり、テンプレートの全てのデフォルト設定は 全ての必要な設定を含んだ Layout 変数を定義することで破棄できます。

Layout = \layout { ... }

変更することのできる全ての変数の一覧は ‘ly/satb.ly’ から見ることができます。 その他の情報源 を参照してください。

参照

学習マニュアル: 変数を用いて楽曲を編成する, 合唱テンプレート, テンプレートを拡張する, その他の情報源

既知の問題と警告

TwoVoicesPerStaff の設定は楽譜全体に適用されます。途中で他の値を設定することはできません。

さらに複雑な SATB 合唱譜はこの単純なテンプレートでは作ることができません。


LilyPond — 学習マニュアル v2.23.3 (開発版).