4.3.2 musicxml2ly を呼び出す

MusicXML は音楽記譜を表すための XML の派生語です。

musicxml2ly は ‘part-wise’ (時間軸優先ではなくパート優先の) MusicXML から、音符、アーティキュレーション、楽譜構造、歌詞を抽出し、それらを ‘.ly’ ファイルに記述します。このプログラムはコマンド ラインから以下のように呼び出します:

musicxml2ly [option]… file.xml

‘コマンド ライン’ とは、OS のコマンド ラインを意味しているということに注意してください。このことについての更なる情報は 他のフォーマットから変換する を参照してください。

ファイル名に file.xml ではなく ‘-’ を指定すると、musicxml2ly はすべての入力をコマンド ラインから受け付けます。

musicxml2ly には以下のオプションがあります。

-a, --absolute

絶対ピッチで出力します。

--fb --fretboards

<frame> イベントをマークアップではなく、分離された FretBoard ボイスに変換します。

-h, --help

使用方法と使用可能なすべてのコマンドラインオプションの概要を表示します。

-l, --language=LANG

ピッチ名に LANG を使用します。例えば、ピッチ名にドイツ語を使用するには ’deutsch’ を指定します。

--loglevel=LOGLEVEL

出力の饒舌さを LOGLEVEL にセットします。取り得る値は NONE, ERROR, WARNING, PROGRESS (デフォルト), それに DEBUG です。

--lxml

XML 解析に lxml.etree Python パッケージを使用します。これはより少ないメモリと CPU 時間で実行されます。

-m, --midi

.ly ファイル中の MIDI ブロックを有効にします。

--nb, --no-beaming

連桁情報を変換せず、LilyPond の自動連桁機能を使用します。

--nd, --no-articulation-directions

アーティキュレーションや強弱等の指示 (^, _ あるいは -) を変換しません。

--nrp, --no-rest-positions

休符の垂直位置を変換しません。

--nsb, --no-system-breaks

システムの改行を無視します。

--npl, --no-page-layout

ページレイアウトと改行・改ページを変換しません(--nsb --npb --npm オプションのショートカットです)。

--npb, --no-page-breaks

改ページを無視します。

--npm, --no-page-margins

ページの余白を無視します。

--nsd, --no-stem-directions

MusicXML の符幹の向きを無視し、代わりに lilypond の自動にします。

-o, --output=FILE

出力ファイル名を FILE とします。file に ‘-’ を指定すると、出力は標準出力に表示されます。指定が無い場合、出力は xmlfile.ly’ となります。

-r, --relative

ピッチを相対モードに変換します。(デフォルト)

--transpose=TOPITCH

ピッチ cTOPITCH 間の度数で移調します。

--sm, --shift-meter=BEATS/BEATTYPE

与えられた拍子として音符の長さを変更して、速くしたり遅くしたりします(例: 4/4 または 2/2)。

--tc, --tab-clef=TABCLEFNAME

タブ音部記号の 2 つのバージョン(tabmoderntab)を切り替えます。

--sn --string-numbers=t[rue]/f[alse]

--string-numbers false で文字列番号ステンシルを無効にします。デフォルトは true です。

-v, --verbose

Verbose モード (ログ等が詳細) で実行します。

--version

バージョン情報を表示して終了します。

-z, --compressed

入力ファイルが ZIP で圧縮された MusicXML ファイルであることを示します。


LilyPond — 使用方法 v2.22.1 (安定版).