4.1.5 水平方向の \paper スペース変数

Note: いくつかの \paper の間隔は紙面サイズに応じて自動的に拡縮され、それにより予期せぬ結果となることがあります。紙面サイズに応じた自動拡縮 を参照してください。


幅とマージンの \paper 変数

ここでリスト アップされていない (拡縮する前の) デフォルト値は、‘ly/paper-defaults-init.ly’ で定義されています。

paper-width

ページの幅 - デフォルトでは、値は設定されていません。paper-width は水平方向の自動拡縮に影響を与えませんが、line-width 変数に影響を与えます。paper-widthline-width の両方に値が設定された場合、left-marginright-margin が更新されます。check-consistency も参照してください。

line-width

\paper ブロックで設定した場合、インデントされていないシステムの、譜線が利用できる横方向への長さが指定されます。設定されない場合、\paperline-width(paper-width - left-margin - right-margin) から計算されます。 \paperline-width が設定されており、left-marginright-margin の両方が設定されていない場合は、システムがページの中央に来るように余白が調節されます。check-consistency も参照してください。

line-width\layout ブロックに設定することで、スコア毎に別の値を指定することができます。これらの値は、\score 毎の譜線の長さを設定します。\scoreline-width が指定されていない場合、デフォルト値は \paperline-width です。 \scoreline-width を設定しても、紙の余白には影響しません。\scoreline-width で設定された譜線の長さは、\paperline-width で設定された紙面領域を基にして左揃えされます。\score\paperline-width が同じ値の場合、譜線は左余白から右余白までちょうどいっぱいに広がりますが、\scoreline-width\paperline-width よりも大きい場合、譜線は右余白を超えて広がってしまいます。

left-margin

ページの左端とインデントされていないシステムの譜線開始点との間のマージンです。紙面サイズが変更された場合、それに応じてこの変数のデフォルト値も拡縮されます。left-margin に値が設定されず、line-widthright-margin の両方に値が設定された場合、left-margin(paper-width - line-width - right-margin) に設定されます。line-width だけに値が設定された場合、左右のマージンは ((paper-width - line-width) / 2) に設定され、結果としてシステムはページの中央に配置されます。check-consistency も参照してください。

right-margin

ページの右端とページの右端まで広がる譜線終点との間のマージンです。紙面サイズが変更された場合、それに応じてこの変数のデフォルト値も拡縮されます。right-margin に値が設定されず、line-widthleft-margin の両方に値が設定された場合、right-margin(paper-width - line-width - left-margin) に設定されます。line-width だけに値が設定された場合、左右のマージンは ((paper-width - line-width) / 2) に設定され、結果としてシステムはページの中央に配置されます。check-consistency も参照してください。

check-consistency

真 (デフォルトの値) にセットされた場合、left-margin, line-width, それに right-margin の和が paper-width にならなければ警告を表示して、left-marginright-margin をデフォルト値に置き換え (必要に応じて紙面サイズに合わせて拡宿し) ます。偽にセットされた場合、不一致を無視して、システムがページの左端からはみ出すことを許可します。

ragged-right

真にセットされた場合、システムは譜線の幅いっぱいまで広がらず、本来の長さで終了します。デフォルトでは、1 つだけシステムを持つ score の場合は #t、複数のシステムを持つ score の場合は #f です。この変数は \layout ブロック内でセットされる可能性もあります。

ragged-last

真にセットされた場合、score の最後のシステムは譜線の幅いっぱいまで広がらず、本来の長さで終了します。デフォルトでは #f です。この変数は \layout ブロック内でセットされる可能性もあります。

参照

記譜法リファレンス: 紙面サイズに応じた自動拡縮

インストールされているファイル: ‘ly/paper-defaults-init.ly

既知の問題と警告

明示的に定義された紙面サイズは、ユーザ定義の左または右のマージン設定を上書きします。


両面モードのための \paper 変数

(拡縮される前の) デフォルト値は ‘ly/paper-defaults-init.ly’ で定義されています。

two-sided

真にセットされた場合、ページ番号が偶数か奇数かに応じて inner-margin, outer-margin それに binding-offset を用いてマージンを決定します。これは left-marginright-margin を上書きします。

inner-margin

book の一部であるページすべてが見開きページの内側に持つマージンです。(左ページの場合は右側のマージン、右ページの場合は左側のマージンです。) 紙面サイズが変更された場合、それに応じてこの変数のデフォルト値も拡縮されます。two-sided が真にセットされてい場合にのみ、機能します。

outer-margin

book の一部であるページすべてが見開きページの外側に持つマージンです。(左ページの場合は左側のマージン、右ページの場合は右側のマージンです。) 紙面サイズが変更された場合、それに応じてこの変数のデフォルト値も拡縮されます。two-sided が真にセットされてい場合にのみ、機能します。

binding-offset

製本により何かが隠れてしまわないように inner-margin を増加させる量です。紙面サイズが変更された場合、それに応じてこの変数のデフォルト値も拡縮されます。two-sided が真にセットされてい場合にのみ、機能します。

参照

記譜法リファレンス: 紙面サイズに応じた自動拡縮

インストールされているファイル: ‘ly/paper-defaults-init.ly


シフトとインデントのための \paper 変数

このにリスト アップされていない (拡縮される前の) デフォルト値は ‘ly/paper-defaults-init.ly’ で定義されています。

horizontal-shift

(タイトルとシステム セパレータを含む) すべてのシステムを右にシフトさせる量です。デフォルトでは 0.0\mm です。

indent

score の最初のシステムに対するインデントのレベルです。紙面サイズが変更された場合、それに応じてこの変数のデフォルト値も拡縮されます。最初のシステムの長さは、line-width の値からこの設定の値だけ減らされます。\layout ブロック内で設定された場合、\score 毎にインデントが変更されます。

short-indent

最初のシステムを除くすべてのシステムに対するインデントのレベルです。紙面サイズが変更された場合、それに応じてこの変数のデフォルト値も拡縮されます。最初以外のシステムの長さは、line-width の値からこの設定の値だけ減らされます。\layout ブロック内で設定された場合、\score 毎にインデントが変更されます。

参照

記譜法リファレンス: 紙面サイズに応じた自動拡縮

インストールされているファイル: ‘ly/paper-defaults-init.ly

コード断片集: Spacing


LilyPond — 記譜法リファレンス v2.22.1 (安定版).