Spacing

Spacing issues


歌詞の垂直方向のスペースを調整する

このスニペットは、歌詞をより譜に近づける方法を示しています。

% Default layout:
<<
  \new Staff \new Voice = melody \relative c' {
    c4 d e f
    g4 f e d
    c1
  }
  \new Lyrics \lyricsto melody { aa aa aa aa aa aa aa aa aa }

  \new Staff {
    \new Voice = melody \relative c' {
      c4 d e f
      g4 f e d
      c1
    }
  }
  % Reducing the minimum space below the staff and above the lyrics:
  \new Lyrics \with {
    \override VerticalAxisGroup.nonstaff-relatedstaff-spacing =
      #'((basic-distance . 1))
  }
  \lyricsto melody { aa aa aa aa aa aa aa aa aa }
>>

[image of music]


運指記号を譜の内側に表示する

デフォルトでは、縦方向の運指記号は譜の外側に配置されます。この挙動を取り消すことができます。注意: この場合、和音でない場合にも <> を用いる必要があります。

\relative c' {
  <c-1 e-2 g-3 b-5>2
  \override Fingering.staff-padding = #'()
  <c-1 e-2 g-3 b-5>4 g'-0
  a8[-1 b]-2 g-0 r
  \override Fingering.add-stem-support = ##f
  a[-1 b]-2 g-0 r
  \override Fingering.add-stem-support = ##t
  a[-1 b]-2 g-0 r
  \override Fingering.add-stem-support = #only-if-beamed
  a[-1 b]-2 g-0 r
}

[image of music]


ページ ラベル

ページ ラベルは音楽の中またはトップ レベルに配置でき、マークアップ内で参照できます。

#(set-default-paper-size "a6")

#(define-markup-command (toc-line layout props label text)
  (symbol? markup?)
  (interpret-markup layout props
   (markup #:fill-line (text #:page-ref label "8" "?"))))

\book {
  \markup \huge \fill-line { \null Title Page \null }

  \pageBreak

  \label #'toc
  \markup \column {
    \large \fill-line { \null Table of contents \null }
    \toc-line #'toc "Table of contents"
    \toc-line #'firstScore "First Score"
    \toc-line #'markA "Mark A"
    \toc-line #'markB "Mark B"
    \toc-line #'markC "Mark C"
    \toc-line #'unknown "Unknown label"
  }

  \pageBreak

  \label #'firstScore
  \score {
    \new Staff \relative c' {
      c2 c
      \mark \markup {
        A (page \concat { \page-ref #'markA "0" "?" ) }
      } \label #'markA
      c2 c
      \pageBreak
      \mark "B" \label #'markB
      d2 d
      d2 d
      \once \override Score.RehearsalMark.break-visibility =
        #begin-of-line-invisible
      \mark "C" \label #'markC
    }
    \header { piece = "First score" }
  }
}

[image of music]


プロポーショナル ノーテーションで厳格モードを使用する

strict-note-spacing がセットされている場合、音符のスペーシングはシステム内にある小節線や音部記号に影響されません。これらは対応する音符の直前に配置されます。これらが衝突を引き起こす場合があります。

\relative c'' <<
  \override Score.SpacingSpanner.strict-note-spacing = ##t
  \set Score.proportionalNotationDuration = #(ly:make-moment 1/16)
  \new Staff {
    c8[ c \clef alto c c \grace { d16 } c8 c] c4
    c2 \grace { c16[ c16] } c2
  }
  \new Staff {
    c2 \tuplet 3/2 { c8 \clef bass cis,, c } c4
    c1
  }
>>

[image of music]


強弱記号やテキスト スクリプトを縦方向に揃える

全ての DynamicLineSpanner オブジェクト (ヘアピンや強弱記号テキスト) は、他のアイテムが邪魔しない限り、譜から少なくとも staff-padding だけ離れた基準線に配置されます。staff-padding を十分に大きくすると、強弱記号を揃えることができます。

また、\textLengthOn を用いて、テキスト スクリプトをベースラインに揃えることができます。

music = \relative c' {
  a'2\p b\f
  e4\p f\f\> g, b\p
  c2^\markup { \huge gorgeous } c^\markup { \huge fantastic }
}

{
  \music
  \break
  \override DynamicLineSpanner.staff-padding = #3
  \textLengthOn
  \override TextScript.staff-padding = #1
  \music
}

[image of music]


オッシアと歌詞の縦方向の揃え位置

このスニペットは、歌詞とオッシアの位置を調整するために alignBelowContextalignAboveContext コンテキスト プロパティを使用する方法を示しています。

\paper {
  ragged-right = ##t
}

\relative c' <<
  \new Staff = "1" { c4 c s2 }
  \new Staff = "2" { c4 c s2 }
  \new Staff = "3" { c4 c s2 }
  { \skip 2
    <<
      \lyrics {
        \set alignBelowContext = #"1"
        lyrics4 below
      }
      \new Staff \with {
        alignAboveContext = #"3"
        fontSize = #-2
        \override StaffSymbol.staff-space = #(magstep -2)
        \remove "Time_signature_engraver"
      } {
        \tuplet 6/4 {
          \override TextScript.padding = #3
          c8[^"ossia above" d e d e f]
        }
      }
    >>
  }
>>

[image of music]


LilyPond — Snippets v2.21.82 (開発版).