4.5.3 水平方向のスペースを変更する

水平方向のスペースを、base-shortest-duration で変更することができます。ここで、同じ音楽を比較します。1 つではこのプロパティを変更せず、もう 1 つでは変更します。ly:make-moment の値が大きくなると、楽譜は小さくなります。ly:make-moment は演奏時間を構成するため、1/41/16 よりも長い演奏時間であるということに注意してください。

\score {
  \relative {
    g'4 e e2 | f4 d d2 | c4 d e f | g4 g g2 |
    g4 e e2 | f4 d d2 | c4 e g g | c,1 |
    d4 d d d | d4 e f2 | e4 e e e | e4 f g2 |
    g4 e e2 | f4 d d2 | c4 e g g | c,1 |
  }
}

[image of music]

\score {
  \relative {
    g'4 e e2 | f4 d d2 | c4 d e f | g4 g g2 |
    g4 e e2 | f4 d d2 | c4 e g g | c,1 |
    d4 d d d | d4 e f2 | e4 e e e | e4 f g2 |
    g4 e e2 | f4 d d2 | c4 e g g | c,1 |
  }
  \layout {
    \context {
      \Score
      \override SpacingSpanner.base-shortest-duration = #(ly:make-moment 1/16)
    }
  }
}

[image of music]


連符を均等に割り付ける

デフォルトでは、連符のスペースは演奏時間とは関係の無い要素 (臨時記号、音部記号の変化など) に依存します。そのような記号を無視して、同じ演奏時間に等しいスペースを割り当てるには、Score.SpacingSpanner.uniform-stretching を使用します。このプロパティは、楽譜の先頭でのみ、変更することができます。

\score {
  <<
    \new Staff \relative c' {
      \tuplet 5/4 { c8 c c c c } c8 c c c
    }
    \new Staff \relative c' {
      c8 c c c \tuplet 5/4 { c8 c c c c }
    }
  >>
  \layout {
    \context {
      \Score
      \override SpacingSpanner.uniform-stretching = ##t
    }
  }
}

[image of music]


厳密な音符のスペーシング

strict-note-spacing がセットされている場合、音部記号、小節線、それに装飾小音符を考慮せずに、音符にスペースが割り当てられます。

\override Score.SpacingSpanner.strict-note-spacing = ##t
\new Staff \relative {
  c''8[ c \clef alto c \grace { c16 c } c8 c c]  c32[ c] }

[image of music]

参照

コード断片集: Spacing


LilyPond — 記譜法リファレンス v2.21.82 (開発版).