2.10.1 非西洋音楽の一般的な記譜法

このセクションでは、西洋のクラシック音楽の様式には属さない楽譜を入力し、譜刻する方法を説明します。


記譜法とチューニング システムを拡張する

標準的なクラシック音楽の記譜法 (Common Practice Period – 16-19世紀のヨーロッパ音楽 – の記譜法) は全ての種類の音楽で使われるもので、西洋の ‘クラシック’ 音楽に限定されるものではありません。この記譜法は ピッチを記述する で説明されていて、様々な音符名が 他の言語での音符名 で説明されています。

非西洋音楽のいくつかとフォーク ミュージック、伝統音楽はしばしば異なるあるいは拡張されたチューニングシステムを採用していて、標準的なクラシック音楽の記譜法とは容易に適合しません。

標準の記譜法を用いますが、ピッチの違いを潜在させます。例えば、アラブ音楽 は、標準の半音 (訳者: シャープとフラット) と四分音 (訳者: シャープとフラットの半分) を用いますが、精密なピッチの変化はコンテキストによって決定されます。アラブ音楽 に関しては、初期ファイル ‘arabic.ly’ が標準の記譜法を拡張するアラブ音楽に適したマクロと定義のセットを提供します。詳細は、アラブ音楽 を参照してください。

他のタイプの音楽は、拡張されたあるいは固有の記譜法を必要とします。例えば、トルコの伝統音楽 (オスマントルコの伝統音楽としても有名です) は、全音の 1/9 をベースとする音程を持つ マカーム と呼ばれる旋律様式を採用しています。標準の西洋音楽の音符を使いますが、ファイル ‘turkish-makam.ly’ で独自に定義されている特殊な臨時記号が用いられます。トルコの伝統音楽とマカームについての詳細は トルコの伝統音楽 を参照してください。

他にも、関連する初期ファイル ‘hel-arabic.ly’ や ‘makam.ly’ が利用可能です。

これらの初期ファイルの保存場所については、 その他の情報源 を参照してください。

参照

音楽用語集: Common Practice Period, makamlar

学習マニュアル: その他の情報源

記譜法リファレンス: ピッチを記述する, 他の言語での音符名, アラブ音楽, トルコの伝統音楽


LilyPond — 記譜法リファレンス v2.22.1 (安定版).