3.4.3 他の出力フォーマット

譜刻される楽譜のデフォルト出力フォーマットは、Portable Document Format (PDF), PostScript (PS) です。コマンド ライン オプションを指定することにより、Portable Network Graphics (PNG), Scalable Vector Graphics (SVG), Encapsulated PostScript (EPS) フォーマットによる出力が利用可能です。 Basic command line options for LilyPond を参照してください。


SVG 出力

SVG 出力では、符頭や休符などのグラフィカル オブジェクト (Grob) に対してメタデータを付加させることができます。このメタデータは idclass のような SVG 標準の属性でも良いですし、非標準のカスタム属性を追加することもできます。Grob の output-attributes を、属性名と値を含む Scheme の連想配列 (alist) でオーバライドしてください。値は数値、文字列、シンボルです。例:

{
  \once \override NoteHead.output-attributes =
  #'((id . 123)
     (class . "this that")
     (data-whatever . something))
  c
}

この入力は SVG ファイルに次の <g> (グループ) タグを作り出します:

<g id="123" class="this that" data-whatever="something">
  ...NoteHead grob SVG elements...
</g>

<g> タグは、与えられた Grob に対する全ての SVG エレメントを中に含みます。(Grob によっては複数のエレメントを含むことがあります。)SVG のシンタックスでは、非標準のカスタム メタデータ属性に対して data- 接頭辞を使用します。


LilyPond — 記譜法リファレンス v2.22.1 (安定版).