2.6.1 管楽器で共通の記譜法

このセクションでは多くの管楽器で共通の記譜法について説明します。


管楽器のためのリファレンス

管楽器のための多くの記譜の問題は、ブレスとタンギングに関係します:

他の記譜要素を管楽器に適用することができます:

Selected Snippets

\flageolet のサイズを変更する

\flageolet の丸を小さくするには、以下の tweak を使用します。

smallFlageolet = \tweak font-size -3 \flageolet

\layout { ragged-right = ##f }

\relative c'' {
  d4^\flageolet_\markup { default size } d_\flageolet
  c4^\smallFlageolet_\markup { smaller } c_\smallFlageolet
}

[image of music]

参照

記譜法リファレンス: ブレス記号, スラー, アーティキュレーションと装飾, アーティキュレーションの一覧, トレモロの繰り返し, 楽器の移調, グリッサンド, 装飾小音符, Fall と Doit, 特殊な符頭

コード断片集: Winds


運指

トロンボーン以外の管楽器は各ピッチを鳴らすためにいくつかの指を使う必要があります。以下でいくつかの運指の例を示します。

木管楽器のダイアグラムを作り出すことができます。木管楽器のダイアグラム で説明します。

Selected Snippets

管楽器の運指記号

既存のグリフを組み合わせて、特殊な記号を作ることができます。これは管楽器に特に有用です。

centermarkup = {
  \once \override TextScript.self-alignment-X = #CENTER
  \once \override TextScript.X-offset =#(lambda (g)
  (+ (ly:self-alignment-interface::centered-on-x-parent g)
     (ly:self-alignment-interface::x-aligned-on-self g)))
}

\score {
  \relative c'{
    g\open
    \once \override TextScript.staff-padding = #-1.0
    \centermarkup
    g^\markup {
      \combine
        \musicglyph "scripts.open"
        \musicglyph "scripts.tenuto"
    }
    \centermarkup
    g^\markup {
      \combine
        \musicglyph "scripts.open"
        \musicglyph "scripts.stopped"
    }
    g\stopped
  }
}

[image of music]

リコーダーの運指表

次の例では、管楽器の運指表を作成する方法を示しています。

% range chart for paetzold contrabass recorder

centermarkup = {
  \once \override TextScript.self-alignment-X = #CENTER
  \once \override TextScript.X-offset = #(lambda (g)
    (+ (ly:self-alignment-interface::centered-on-x-parent g)
       (ly:self-alignment-interface::x-aligned-on-self g)))
}

\score {
  \new Staff \with {
    \remove "Time_signature_engraver"
    \omit Stem
    \omit Flag
    \consists "Horizontal_bracket_engraver"
  }
  {
    \clef bass
    \set Score.timing = ##f
    f,1*1/4 \glissando
    \clef violin
    gis'1*1/4
    \stemDown a'4^\markup {1)}
    \centermarkup
    \once \override TextScript.padding = #2
    bes'1*1/4_\markup {\override #'(baseline-skip . 1.7) \column
      { \fontsize #-5 \slashed-digit #0 \finger 1 \finger 2
        \finger 3 \finger 4 \finger 5 \finger 6 \finger 7} }
    b'1*1/4
    c''4^\markup {1)}
    \centermarkup
    \once \override TextScript.padding = #2
    cis''1*1/4
    deh''1*1/4
    \centermarkup
    \once \override TextScript.padding = #2
    \once \override Staff.HorizontalBracket.direction = #UP
    e''1*1/4_\markup {\override #'(baseline-skip . 1.7) \column
      { \fontsize #-5 \slashed-digit #0 \finger 1 \finger 2
        \finger 4 \finger 5} }\startGroup
    f''1*1/4^\markup {2)}\stopGroup
  }
}

[image of music]

参照

記譜法リファレンス: 木管楽器のダイアグラム

コード断片集: Winds


LilyPond — 記譜法リファレンス v2.21.82 (開発版).