2.1 何故構文は変更されるのか?

入力ファイルを読みやすく、書きやすくするために、しばしば構文は変更されますが、時により既存の関数が、新しい機能や改善に合わせて変更されることがあります。

これが実際にあった例です:

\paper\layout のプロパティ名は全て、first-second-third という形式で記述することになっています。しかしながら、バージョン 2.11.60 で printallheaders プロパティがこの規則に従っていないことが判明しました。放置すべきでしょうか? (新しいユーザはつじつまの合わない入力形式で混乱するでしょう。) それとも、変更すべきでしょうか? (既存の楽譜を持つユーザには煩わしいことです。)

このケースでは、プロパティ名を print-all-headers に変更することを決断しました。そして、昔のユーザは convert-ly コマンドによって既にある入力ファイルを自動的にアップデートすることができました。

しかし、convert-ly はすべての変更を処理できるわけではありません。例えば、バージョン 2.4.2 以前の LilyPond では、アクセント文字と非英語文字を LaTeX の記法を用いて入力していました。 例えば Christmas のフランス語は No\"el のように入力されていました。しかしながら、バージョン 2.6 以降の LilyPond では、特殊文字 ë を UTF-8 文字として直接 LilyPond ファイルに入力しなければならなくなりました。convert-ly はすべての LaTeX の特殊文字を UTF-8 文字に変換することはできません。手動で古い LilyPond 入力ファイルを更新する必要があります。

convert-ly コマンドの変換ルールは、テキストのパターンマッチングと置換によって動作しています (つまり、与えられた入力ファイルの中で何が変更されたかの文脈を‘理解’してはいないということです)。 これはいくつかの結果をもたらします:


他の言語: English, català, deutsch, español, français, magyar, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 使用方法 v2.19.80 (開発版).