4.1 ポイント&クリック

ポイント&クリックは PDF ドキュメントに音楽要素へのリンクを追加します。


ポイント&クリックを有効にする

ポイント&クリックは PDF ビューアの中で表記をクリックすることで入力の中の表記を見つけ出すことを可能にします。これは楽譜の中でエラーを引き起こす入力を見つけ出すことより容易にします。

この機能がアクティブな場合、LilyPond は PDF ファイルにハイパーリンクを付け加えます。これらのハイパーリンクは Web ブラウザに送られ、Web ブラウザはカーソルを持つテキスト エディタを適切な位置に開きます。

この一連の動作を有効にするには、PDF ビューアが LilyPond で提供される ‘lilypond-invoke-editor’ スクリプトを使ってハイパーリンクを追うように設定変更する必要があります。

UNIX の Xpdf では、‘xpdfrc1 の中に以下の記述が必要です:

以下の記述が ‘xpdfrc’ の中に存在している必要があります。 UNIX において、このファイルは ‘/etc/xpdfrc’ の中または ‘$HOME/.xpdfrc’ として存在します。

urlCommand     "lilypond-invoke-editor %s"

プログラム ‘lilypond-invoke-editor’ は小さな支援プログラムです。これは特別な textedit URI に対してエディタを呼び出し、それ以外に対しては Web ブラウザを呼び出します。このプログラムは環境変数 EDITOR を調べて、以下のパターンに動作します:

emacs

このプログラムは以下を呼び出します

emacsclient --no-wait +line:column file
gvim

このプログラムは以下を呼び出します

gvim --remote +:line:normcolumn file
nedit

このプログラムは以下を呼び出します

  nc -noask +line file'

環境変数 LYEDITOR はこの動作をオーバライドするために使用されます。これにはエディタを起動するためのコマンド ラインを保持し、%(column)s, %(line)s はそれぞれファイル、列、行に置き換えられます。 以下の LYEDITOR 設定は標準の emacsclient 呼び出しと等価です。

emacsclient --no-wait +%(line)s:%(column)s %(file)s

ポイント&クリックのリンクは出力ファイルを肥大化させます。PDF ファイルと PS ファイルのサイズを小さくするには、‘.ly’ ファイルの中に以下を記述してポイント&クリックを OFF にします:

\pointAndClickOff

以下を用いて、ポイント&クリックを明示的に ON にすることができます:

\pointAndClickOn

.ly’ ファイルの中でポイント&クリックを OFF にする代わりにコマンド ライン オプションで OFF にすることができます:

lilypond -dno-point-and-click file.ly

Note: 配布する LilyPond ファイルでは常にポイント&クリックを OFF にして、.pdf ファイルにあなたのコンピュータの Path 情報が含まれないようにすべきです。配布する .pdf ファイルに Path 情報が含まれているとセキュリティ リスクとなります。


選択的なポイント&クリック

インタラクティブなアプリケーションでは、ある特定のポイント&クリック要素だけを含むことが望ましい場合もあります。例えば、誰かがある特定の音符から演奏を開始できるアプリケーションを作りたいと思った場合、音符をクリックした場合にその音符の上にある臨時記号やスラーのポイント&クリックが開いてしまったのでは不便です。

どのイベントをポイント&クリックに含めるか指定することで、これを制御できます:

複数のイベントを含めることができます:


脚注

[1] UNIXでは、このファイルは ‘/etc/xpdfrc’ かホーム ディレクトリの中の ‘.xpdfrc’ としてのどちらかです。


他の言語: English, deutsch, español, français, magyar, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 使用方法 v2.19.14 (開発版).