1.2.2 休符を記述する

休符は音楽表記の中の音楽の一部として入力されます。


休符

休符は音符名 r を持つ音符として入力されます。全休符よりも長い演奏時間を持つ休符には以下に示す定義済みコマンドを使用します:

\new Staff {
  % この 2 行は例を見やすくするためのものです
  \time 16/1
  \omit Staff.TimeSignature
  % 八全休符を譜刻します。二全休符 4 つと等価です
  r\maxima
  % 四全休符を譜刻します。二全休符 2 つと等価です
  r\longa
  % 二全休符を譜刻します。
  r\breve
  r1 r2 r4 r8 r16 r32 r64 r128
}

[image of music]

全休符 – 小節の中心に置かれます – は複数小節の休符として入力する必要があります。複数小節の休符は多くの小節に対してと同様に単一の小節に対しても使用することができます。詳細は 小節単位の休符 を参照してください。

休符の垂直方向の位置を明示的に指定するには、音符の後に続けて \rest を記述します。その音符が譜上で占める位置に、その音符の演奏時間を持つ休符が配置されます。これは多声部音楽を手動で精密にフォーマットすることを考慮したものです。なぜなら、自動休符フォーマットでは多声部音楽の休符の衝突を回避できないからです。

\relative { a'4\rest d4\rest }

[image of music]

Selected Snippets

休符のスタイル

休符には様々なスタイルが使用できます。

\new Staff \relative c {
  \omit Score.TimeSignature
  \cadenzaOn

  \override Staff.Rest.style = #'mensural
  r\maxima^\markup \typewriter { mensural }
  r\longa r\breve r1 r2 r4 r8 r16 s32 s64 s128 s128
  \bar ""
  \break

  \override Staff.Rest.style = #'neomensural
  r\maxima^\markup \typewriter { neomensural }
  r\longa r\breve r1 r2 r4 r8 r16 s32 s64 s128 s128
  \bar ""
  \break

  \override Staff.Rest.style = #'classical
  r\maxima^\markup \typewriter { classical }
  r\longa r\breve r1 r2 r4 r8 r16 r32 r64 r128 s128
  \bar ""
  \break

  \override Staff.Rest.style = #'z
  r\maxima^\markup \typewriter { z-style }
  r\longa r\breve r1 r2 r4 r8 r16 r32 r64 r128 s128
  \bar ""
  \break

  \override Staff.Rest.style = #'default
  r\maxima^\markup \typewriter { default }
  r\longa r\breve r1 r2 r4 r8 r16 r32 r64 r128 s128
}

[image of music]

参照

音楽用語集: breve, longa, maxima

記譜法リファレンス: 小節単位の休符

コード断片集: Rhythms

内部リファレンス: Rest

既知の問題と警告

休符の演奏時間には基本的に限界がありません (最大値としても、最小値としても)。しかしながら、図柄の数には限界があります: 128 分から全音符の 8 倍までの休符を譜刻することができます。


不可視の休符

不可視の休符 (‘空白休符’ とも呼ばれます) は音符名 s を持つ音符として入力することができます:

\relative c'' {
  c4 c s c |
  s2 c |
}

[image of music]

空白休符は音符モードと和音モードでのみ利用可能です。他のモードでは、例えば歌詞を入力している場合、音楽モーメントをスキップするには \skip を使用します。\skip は明示的な演奏時間を必要としますが、\addlyrics\lyricsto を使っていて、歌詞が関係するメロディーの音符から演奏時間を得ている場合は無視されます。

<<
  {
    a'2 \skip2 a'2 a'2
  }
  \new Lyrics {
    \lyricmode {
      foo2 \skip 1 bla2
    }
  }
>>

[image of music]

\skip はコマンドであるため、s とは異なり後に続く音符のデフォルト演奏時間には影響を与えません。

<<
  {
    \repeat unfold 8 { a'4 }
  }
  {
    a'4 \skip 2 a' |
    s2 a'
  }
>>

[image of music]

空白休符は、音符や休符と同様に、StaffVoice が存在しない場合に、それらを暗黙的に作成します:

{ s1 s s }

[image of music]

\skip はただ音楽的な時間をスキップするだけです。これはいかなる種類の出力も作成しません。

% これは有効な入力ですが、何もしません
{ \skip 1 \skip1 \skip 1 }

[image of music]

参照

学習マニュアル: Visibility and color of objects

記譜法リファレンス: 隠された音符, オブジェクトの可視性

コード断片集: Rhythms

内部リファレンス: SkipMusic


小節単位の休符

1 つまたは複数の小節に対する休符は音符名として大文字の R を持つ音符として入力します:

% 休みの小節は 1 つの小節にまとめられます
\compressMMRests {
  R1*4
  R1*24
  R1*4
  b'2^"Tutti" b'4 a'4
}

[image of music]

小節単位の休符の演奏時間は、音符に対する演奏時間と同じ表記を使います。複数小節にまたがる休符の演奏時間は常に小節の長さの整数倍になります。そのため、しばしばドットや分数を使う必要があります:

\compressMMRests {
  \time 2/4
  R1 | R2 |
  \time 3/4
  R2. | R2.*2 |
  \time 13/8
  R1*13/8 | R1*13/8*12 |
  \time 10/8
  R4*5*4 |
}

[image of music]

1 小節分の休符は、拍子次第で全休符または二全休符のどちらかとして、小節の中央に譜刻されます。

\time 4/4
R1 |
\time 6/4
R1*3/2 |
\time 8/4
R1*2 |

[image of music]

デフォルトでは、複数小節にまたがる休符は休みの小節すべてを明示的に示すように譜刻される楽譜に展開されます。そうする代わりに、複数小節にまたがる休符を複数小節の休符記号を持つ単一の小節として譜刻することもできます – 休みの小節数がその小節の上に譜刻されます。

% デフォルトの振る舞い
\time 3/4 r2. | R2.*2 |
\time 2/4 R2 |
\time 4/4
% 休みの小節を 1 つの小節にまとめます
\compressMMRests {
  r1 | R1*17 | R1*4 |
}
% 休みの小節を展開します
\time 3/4
R2.*2 |

[image of music]

マークアップを複数小節にまたがる休符に付け加えることができます。フェルマータを付け加えるための定義済みコマンドとして \fermataMarkup が提供されています。

\compressMMRests {
  \time 3/4
  R2.*10^\markup { \italic "ad lib." }
  R2.^\fermataMarkup
}

[image of music]

Note: 複数小節にまたがる休符に付け加えられるマークアップはタイプ MultiMeasureRestText のオブジェクトであり、TextScript ではありません。オーバライドは正しいオブジェクトに対して行わなければなりません。さもないと無視されます。以下の例を見てください。

% この例は誤ったオブジェクト名を指定しているため失敗します
\override TextScript.padding = #5
R1^"wrong"
% この例は正しいオブジェクト名が指定されています
\override MultiMeasureRestText.padding = #5
R1^"right"

[image of music]

複数小節にまたがる休符が \partial 設定の直後にある場合、小節チェックの警告が表示されないかもしれません。

定義済みコマンド

\textLengthOn, \textLengthOff, \fermataMarkup, \compressMMRests

Selected Snippets

複数小節にまたがる休符の長さをコントロールする

複数小節にまたがる休符の長さは、休符の長さに依存しますが、MultiMeasureRest.space-increment によってコントロールされます。デフォルト値は 2.0 です。

\relative c' {
  \compressFullBarRests
  R1*2 R1*4 R1*64 R1*16
  \override Staff.MultiMeasureRest.space-increment = 2.5
  R1*2 R1*4 R1*64 R1*16
}

[image of music]

複数小節にまたがる休符の形を変更する

休符が複数小節に渡り、それが 10 小節以下の場合には、四全休符や二全休符が並んだものとして表記されます (ドイツ語で Kirchenpausen – 教会休符と呼ばれます)。10 小節より長い場合は、単純な線として表示されます。このデフォルトの 10 を変更するには、expand-limit プロパティをオーバライドします。

\relative c'' {
  \compressMMRests {
    R1*2 | R1*5 | R1*9
    \override MultiMeasureRest.expand-limit = #3
    R1*2 | R1*5 | R1*9
  }
}

[image of music]

複数小節にまたがる休符の位置を変更する

通常の休符と異なり、音符に付加することによって複数小節にまたがる休符の位置を変更するコマンドは用意されていません。しかし、多声の音楽では、奇数番号のボイスと偶数番号のボイスで休符の位置が分けられます。複数小節にまたがる休符の位置は以下のようにコントロールできます:

\relative c'' {
  % Multi-measure rests by default are set under the fourth line
  R1
  % They can be moved using an override
  \override MultiMeasureRest.staff-position = #-2
  R1
  \override MultiMeasureRest.staff-position = #0
  R1
  \override MultiMeasureRest.staff-position = #2
  R1
  \override MultiMeasureRest.staff-position = #3
  R1
  \override MultiMeasureRest.staff-position = #6
  R1
  \revert MultiMeasureRest.staff-position
  \break

  % In two Voices, odd-numbered voices are under the top line
  << { R1 } \\ { a1 } >>
  % Even-numbered voices are under the bottom line
  << { a1 } \\ { R1 } >>
  % Multi-measure rests in both voices remain separate
  << { R1 } \\ { R1 } >>

  % Separating multi-measure rests in more than two voices
  % requires an override
  << { R1 } \\ { R1 } \\
     \once \override MultiMeasureRest.staff-position = #0
     { R1 }
  >>

  % Using compressed bars in multiple voices requires another override
  % in all voices to avoid multiple instances being printed
  \compressMMRests
  <<
   \revert MultiMeasureRest.direction
    { R1*3 }
    \\
   \revert MultiMeasureRest.direction
    { R1*3 }
  >>
}

[image of music]

複数小節にまたがる休符にマークアップを付加する

複数小節にまたがる休符に付加されるマークアップは、休符の上または下に中央揃えされます。マークアップが長い場合であっても、休符が広げられることはありません。休符をマークアップに合わせて広げる場合は、休符の前に空の和音を追加して、それにマークアップを付加してください。

このような方法で付加されたテキストは、空の和音が本来表示されるべき場所に合わせて左揃えされます。しかし、小節の長さをテキストに合わせるようにすれば、テキストが中央揃えされたように見えます。

\relative c' {
  \compressMMRests {
    \textLengthOn
    <>^\markup { [MAJOR GENERAL] }
    R1*19
    <>_\markup { \italic { Cue: ... it is yours } }
    <>^\markup { A }
    R1*30^\markup { [MABEL] }
    \textLengthOff
    c4^\markup { CHORUS } d f c
  }
}

[image of music]

参照

音楽用語集: multi-measure rest

記譜法リファレンス: 演奏時間, テキスト, テキストをフォーマットする, テキスト スクリプト

コード断片集: Rhythms

内部リファレンス: MultiMeasureRest, MultiMeasureRestNumber, MultiMeasureRestText

既知の問題と警告

複数小節にまたがる休符の上に運指記号を配置すると (例えば、R1*10-4)、運指の数字が休みの小節数と衝突する可能性があります。

複数の通常の休符を自動的に単一の複数小節休符にまとめる方法はありません。

複数小節にまたがる休符が休符の衝突を引き起こすことはありません。


他の言語: English, català, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス v2.19.83 (開発版).