5.3.4 \tweak コマンド

\tweak を用いたグラフィカル オブジェクト プロパティの変更は、コンテキストの中にあるすべてのグラフィカル オブジェクトに適用されます。しかしながら、影響を受けるコンテキストの中にあるすべてのグラフィカル オブジェクトではなく、1 つのグラフィカル オブジェクトだけに変更を適用したい場合もあります。そうするには、\tweak コマンドを用います。\tweak コマンドは以下のような構文を持ちます:

\tweak layout-object #'grob-property value

layout-object の指定はオプションです。\tweak コマンドは、音楽の流れの中で value のすぐ後に現れる音楽オブジェクトに変更を適用します。

調整コマンドの構文と使用方法についての紹介は、 調整手段 を参照してください。

同じようなオブジェクトがいくつか、同じ音楽タイミングで配置されている場合、\override コマンドでそれらの 1 つだけを変更することはできません -- \tweak コマンドを用いる必要があります。同じ音楽タイミングで複数出現する可能性があるオブジェクトには、以下のようなものがあります:

以下の例では、和音の中にある符頭の 1 つの色を変更し、さらに他の符頭のタイプを変更しています:

< c
  \tweak #'color #red
  d
  g
  \tweak #'duration-log #1
  a
> 4

[image of music]

\tweak を用いて、スラーを変更することができます:

c-\tweak #'thickness #5 ( d e f)

[image of music]

\tweak コマンドが機能するためには、入力ファイルが音楽の流れに変換されたときに、\tweak コマンドのすぐ後に変更が適用されるオブジェクトが配置されている必要があります。 和音全体に対する調整は何の効果もありません。なぜなら、和音の音楽イベントはコンテナと機能するだけで、すべてのレイアウト オブジェクトは EventChord の内部にあるイベントによって作成されるからです:

\tweak #'color #red c4
\tweak #'color #red <c e>4
<\tweak #'color #red c e>4

[image of music]

単純な \tweak コマンドでは入力から直接作成されないオブジェクトを変更することはできません。特に、符幹、自動連桁、それに臨時記号には効果を持ちません。なぜなら、それらは入力ストリームの中の音楽要素によって生成されるのではなく、後になって NoteHead レイアウト オブジェクトによって生成されるからです。

そのような直接作成されないレイアウト オブジェクトは、明示的な形式の \tweak コマンドを用いることで調整することができます:

\tweak Stem #'color #red
\tweak Beam #'color #green c8 e
<c e \tweak Accidental #'font-size #-3 ges>4

[image of music]

\tweak コマンドで音部記号や拍子記号を変更することはできません。なぜなら、コンテキストを指定するために必要とされる追加要素の自動挿入により、それらは前に配置された \tweak コマンドとは分離されるからです。

記譜要素の前に複数の \tweak コマンドを配置することができます -- それらはすべて効果を持ちます:

c
-\tweak #'style #'dashed-line
-\tweak #'dash-fraction #0.2
-\tweak #'thickness #3
-\tweak #'color #red
 \glissando
f'

[image of music]

入力ファイルのあるセクションから生成される音楽の流れ -- 自動的に挿入される要素も含めて -- が、検証されます。 Displaying music expressions を参照してください。これは、\tweak コマンドによって変更されるオブジェクトを決定するとき、あるいは、\tweak の適用で入力を調整する方法を決定するときに役に立つかもしれません。

参照

学習マニュアル: 調整手段

拡張: Displaying music expressions

既知の問題と警告

\tweak コマンドで和音の中にある複数のタイのうち 1 つだけの位置を変更することはできません。入力ファイルの中で最初に遭遇したタイの位置を変更してしまいます。


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス