4.1.4 可変な垂直方向の \paper スペース変数

たいていの場合、ある要素間 (マージン、タイトル、システム、score 等の間) の垂直方向の間隔は、状況に応じて伸びたり縮んだりするよう、可変であることが好まれます。いくつかの \paper 変数 (以下でリスト アップします) は、長さを微調整することができます。

このセクションで説明する \paper 変数は、個々のシステム内にある譜のスペースを制御しないということに注意してください。システム内のスペースは、普通は \score ブロックや \score ブロックの中に配置される設定を通じて、グラフィカル オブジェクトのプロパティによって制御されます。システム内部の可変な垂直方向のスペース を参照してください。


可変な垂直方向スペース連想リストの構造

可変な垂直方向の \paper スペース変数は、それぞれが 4 つの キー を保持する連想配列 (association list) です:

譜がページの下端まで広がらない設定の場合、間隔は以下の中の最大値となります: largest of:

複数ページの楽譜で、最後のページの楽譜がページ下端まで広がらない場合、最後のページのスペースは前のページと同じです。

配列リストを変更する方法は、連想配列を変更する で説明します。以下の例は、連想配列を変更する 2 つの方法を提示しています。最初の宣言はキー値を個別に変更していて、2 つ目は変数全体を再定義しています:

\paper {
  system-system-spacing #'basic-distance = #8
  score-system-spacing =
    #'((basic-distance . 12)
       (minimum-distance . 6)
       (padding . 1)
       (stretchability . 12))
}

可変な垂直方向の \paper スペース変数のリスト

以下の変数の名前は upper-lower-spacing という形式で、upper 要素と lower 要素との間隔です。間隔の距離は 2 つの要素の参照ポイント間です (上記の連想配列構造の説明を参照してください)。変数名の中の ‘markup’ は タイトル マークアップ (bookTitleMarkupscoreTitleMarkup) と 最上位のマークアップ (ファイル構造) の両方を指します。すべての間隔の距離の単位は譜スペースです。

デフォルト設定は ‘ly/paper-defaults-init.ly’ で定義しています。

markup-system-spacing

(タイトルまたは最上位の) マークアップと、その後に続くシステムとの間隔。

score-markup-spacing

score の最後のシステムと、その後に続く (タイトルまたは最上位の) マークアップとの間隔

score-system-spacing

score の最後のシステムと、その後に score の最初のシステムとの間隔 -- score と score の間に (タイトルまたは最上位の) マークアップが無い場合。

system-system-spacing

同じ score の中にある 2 つのシステムの間隔。

markup-markup-spacing

2 つの (タイトルまたは最上位の) マークアップの間隔。

last-bottom-spacing

ページの最後のシステムまたは最上位のマークアップから、印刷可能エリアの下端 (つまり、ボトム マージンの上端) までの距離。

top-system-spacing

印刷可能エリアの上端 (つまり、トップ マージンの下端) から、ページの最初のシステムまでの距離 -- 間に (タイトルまたは最上位の) マークアップが無い場合。

top-markup-spacing

印刷可能エリアの上端 (つまり、トップ マージンの下端) から、ページの最初の (タイトルまたは最上位の) までの距離 -- 間にシステムが無い場合。

参照

記譜法リファレンス: システム内部の可変な垂直方向のスペース

インストールされているファイル: ‘ly/paper-defaults-init.ly

コード断片集: Spacing


他の言語: English, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス