5.1.1 コンテキストの説明

コンテキストは階層的に配置されます:


Score - すべてのコンテキストのマスタ

これは最上位の記譜コンテキストです。他のコンテキストが Score コンテキストを保持することはできません。デフォルトでは、Score コンテキストが拍子記号の管理を扱い、音部記号、拍子記号、調号などのアイテムが譜間で揃っていることを保証します。

Score コンテキストは、\score {…}\layout {…} ブロックが処理されたときに暗黙的にインスタンス化されます。


上位コンテキスト - 譜コンテナ

StaffGroup

譜をグループ化して、左端に角括弧を付けます。このコンテキストに保持されている譜の小節線は垂直につながります。StaffGroup は譜のコレクション、それに左端の角括弧と延長された小節線だけを保持します。

ChoirStaff

保持されている譜の小節線が垂直につながらないことを除けば、StaffGroup と同じです。

GrandStaff

譜をグループ化して、左端に波括弧を付けます。このコンテキストに保持されている譜の小節線は垂直につながります。

PianoStaff

GrandStaff と似ていますが、各システムの左端に楽器名を付けることができます。


中位コンテキスト - 譜

Staff

音部記号、小節線、調、臨時記号を扱います。このコンテキストは Voice コンテキストを保持することができます。

RhythmicStaff

Staff と似ていますが、リズムを表示するためのものです。ピッチは無視され、音符は線として表示されます。

TabStaff

タブ譜を生成するためのコンテキストです。デフォルトでは、音楽表記を 6 線のギター タブ譜として配置します。

DrumStaff

打楽器の譜刻を扱います。DrumVoice を保持することができます。

VaticanaStaff

Staff と同じですが、グレゴリア形式の楽曲を譜刻するためにデザインされている点が異なります。

MensuralStaff

Staff と同じでが、定量形式の楽曲を譜刻するためにデザインされている点が異なります。


下位コンテキスト - ボイス

Voice レベルのコンテキストはある特定のプロパティを初期化し、適切なエングラーバを開始させます。下位コンテキストであるため、他のコンテキストを保持することはできません。

Voice

譜の上にあるボイスに相当します。このコンテキストは、強弱記号、符幹、連桁、上付き/下付き文字、タイ、それに休符の変換を扱います。1 つの譜に複数のボイスを配置する必要がある場合、ボイスを明示的にインスタンス化する必要があります。

VaticanaVoice

Voice と同じですが、グレゴリア形式の楽曲を譜刻するためにデザインされている点が異なります。

MensuralVoice

Voice と同じですが、定量形式の楽曲を譜刻するためにデザインされている点が異なります。

Lyrics

歌詞を保持するボイスに相当します。単一行の歌詞の表示を扱います。

DrumVoice

打楽器譜で使用されるボイス コンテキストです。

FiguredBass

このコンテキストの中で、\figuremode モードで記述された入力から BassFigure オブジェクトが作成されます。

TabVoice

TabStaff コンテキスト内部で使用されるボイス コンテキストです。通常、暗黙的に作成されます。

CueVoice

小さなサイズの音符を描画するために使用されるボイス コンテキストです。主に合図音符を譜に付け加えることを目的としています。合図音符をフォーマットする を参照してください。通常、暗黙的に作成されます。

ChordNames

コード ネームを譜刻します。


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス