2.5.1 打楽器で共通の記譜法

リズム音楽は主に打楽器とドラム記譜法で使用されますが、旋律のリズムを示すために使うこともできます。


打楽器のためのリファレンス

参照

記譜法リファレンス: 旋律のリズムを示す, 新たに譜をインスタンス化する, MIDI での打楽器

コード断片集: Percussion


基本的な打楽器の記譜法

打楽器の音符は \drummode モードで入力することができます。このモードでの音符の入力の仕方は標準モードに似ています。打楽器の音符を入力する最も簡単な方法は、打楽器用のコンテキストとエントリを作成する \drums コマンドを用いる方法です:

\drums {
  hihat4 hh bassdrum bd
}

[image of music]

上記の例は、下記を短縮したものです:

\new DrumStaff {
  \drummode {
    hihat4 hh bassdrum bd
  }
}

[image of music]

打楽器の音符名には完全名と省略名があり、どちらも入力ファイルで使うことができます。打楽器の音符名の完全なリストが Percussion notes にあります。

DrumStaff コンテキスト内で通常の記譜法でのピッチ (cis4 等) を使うとエラーになるということに注意してください。打楽器の音部記号は自動的に DrumStaff に付け加えられますが、明示的に付け加えることもできます。他の音部記号も使うことができます。

\drums {
  \clef percussion
  bd4 bd bd bd
  \clef treble
  hh4 hh hh hh
}

[image of music]

打楽器のための MIDI サポートにはいくつか考慮すべき問題があります。MIDI での打楽器 を参照してください。

参照

記譜法リファレンス: MIDI での打楽器, Percussion notes.

インストールされているファイル: ‘ly/drumpitch-init.ly

コード断片集: Percussion


ドラム ロール

ドラム ロールは符幹に 3 本のスラッシュを付けて示します。4 分音符以上の長さの音符には 3 本のスラッシュが明示的に示され、8 分音符には 2 本のスラッシュが付けられ (連桁が 3 本目のスラッシュになります)、8 分音符よりも短い音符には連桁に 1 本のスラッシュが付け加えられます。これは、トレモロ記譜法によって実現されます – トレモロの繰り返し を参照してください。

\drums {
  \time 2/4
  sn16 sn8 sn16 sn8 sn8:32 ~
  sn8 sn8 sn4:32 ~
  sn4 sn8 sn16 sn16
  sn4 r4
}

[image of music]

スティックは音符の上または下にマークアップ "R" または "L" を配置することによって示すことができます。マークアップの配置については 向きと配置 を参照してください。staff-padding プロパティを上書きして、ベースラインを好みに合わせることができます。

\drums {
  \repeat unfold 2 {
    sn16^"L" sn^"R" sn^"L" sn^"L" sn^"R" sn^"L" sn^"R" sn^"R"
    \stemUp
    sn16_"L" sn_"R" sn_"L" sn_"L" sn_"R" sn_"L" sn_"R" sn_"R"
  }
}

[image of music]

参照

記譜法リファレンス: トレモロの繰り返し

コード断片集: Percussion


ピッチを持つ打楽器

ピッチを持つ打楽器 (シロフォン、ビブラフォン、それにティンパニー) は通常の譜を用いて記述します。通常の譜については、このマニュアルの他のセクションでカバーしています。

参照

記譜法リファレンス: MIDI での打楽器

コード断片集: Percussion


打楽器の譜

通常、複数の楽器での打楽器パートは複数線の譜を使い、譜の高さで打楽器を指定します。譜刻するには、音符を DrumStaff コンテキストや DrumVoice コンテキスト内に配置する必要があります。

up = \drummode {
  crashcymbal4 hihat8 halfopenhihat hh hh hh openhihat
}
down = \drummode {
  bassdrum4 snare8 bd r bd sn4
}
\new DrumStaff <<
  \new DrumVoice { \voiceOne \up }
  \new DrumVoice { \voiceTwo \down }
>>

[image of music]

上記の例は冗長な多声記譜法です。 私はボイスを聴いている で説明した短い多声記譜法を使うこともできます。例えば、以下のようになります:

\new DrumStaff <<
  \drummode {
    bd4 sn4 bd4 sn4
    << {
      \repeat unfold 16 hh16
    } \\ {
      bd4 sn4 bd4 sn4
    } >>
  }
>>

[image of music]

他のレイアウトでも実現できます。コンテキスト DrumVoice の中にある プロパティ drumStyleTable をセットすることによってレイアウトを変更できます。以下の変数があらかじめ定義されています:

drums-style

これがデフォルトです。これは五線譜上に通常のドラム キットを刻譜します:

[image of music]

このドラム構成は 6 種類のタムをサポートします。タムの種類が少ない場合は、望みの結果となるタムを選択してください。例えば、タムを五線譜の中間の 3 本の線に配置するのであれば、tommh, tomml, それに tomfh を使います。

timbales-style

これは二線譜上にティンバレスを譜刻します:

[image of music]

congas-style

これは二線譜上にコンガを譜刻します:

[image of music]

bongos-style

これは二線譜上にボンゴを譜刻します:

[image of music]

percussion-style

これは全ての種類の打楽器を一線譜上に譜刻します:

[image of music]


カスタム打楽器譜

あらかじめ定義されている打楽器の音符名リストのいずれも気に入らなければ、入力ファイルの先頭でリストを定義することができます。

#(define mydrums '(
         (bassdrum        default   #f           -1)
         (snare           default   #f           0)
         (hihat           cross     #f           1)
         (halfopenhihat   cross     "halfopen"   1)
         (pedalhihat      xcircle   "stopped"    2)
         (lowtom          diamond   #f           3)))
up = \drummode { hh8 hh hhho hhho hhp4 hhp }
down = \drummode { bd4 sn bd toml8 toml }

\new DrumStaff <<
  \set DrumStaff.drumStyleTable = #(alist->hash-table mydrums)
  \new DrumVoice { \voiceOne \up }
  \new DrumVoice { \voiceTwo \down }
>>

[image of music]

Selected Snippets

ここでいくつか例を挙げます:

2 つのウッド ブロックを ‘wbh’ (ハイ ウッド ブロック) と ‘wbl’ (ロー ウッド ブロック) で入力します:

% 以下の行でウッド ブロックの譜の中での位置を定義します。
% 好みに応じて位置を変更したり、特殊な譜頭を使うすることができます。
#(define mydrums '((hiwoodblock default #t  3)
                   (lowoodblock default #t -2)))

woodstaff = {
  % 以下は二線の譜を定義します。
  % また、二線の位置も定義します。
  \override Staff.StaffSymbol #'line-positions = #'(-2 3)

  % 以下の行が必要です。この行を省略すると、小節線は短すぎます!
  \override Staff.BarLine #'bar-extent = #'(-1.5 . 1.5)
}

\new DrumStaff {
  \set DrumStaff.drumStyleTable = #(alist->hash-table mydrums)

  % 以下の行で新しく定義したドラム スタイル テーブルを読み込みます。
  \woodstaff

  \drummode {
    \time 2/4
    wbl8 wbl16 wbl wbh8-> wbl |
    wbl8 wbl16 wbh-> ~ wbh wbl16 r8 |
  }
}

[image of music]

上記の特殊なケースでは、小節線の長さを \override Staff.BarLine #'bar-extent #'(from . to) で変更する必要があります。さもないと、小節線の長さが短すぎます。また、2 本の譜線の位置を定義する必要があります。これらの細かな内容についての更なる情報は 譜シンボル を参照してください。

タンバリンを ‘tamb’ で入力します:

#(define mydrums '((tambourine default #t 0)))

tambustaff = {
  \override Staff.StaffSymbol #'line-positions = #'( 0 )
  \override Staff.BarLine #'bar-extent = #'(-1.5 . 1.5)
  \set DrumStaff.instrumentName = #"Tambourine"
}

\new DrumStaff {
  \tambustaff
  \set DrumStaff.drumStyleTable = #(alist->hash-table mydrums)

  \drummode {
    \time 6/8
    tamb8. tamb16 tamb8 tamb tamb tamb |
    tamb4. tamb8 tamb tamb |
    % トリルを正しい位置で終了させるために、演奏時間を伸縮して
    % 短い空白休符を配置するトリックが必要です!
    tamb2.*5/6 \startTrillSpan s8 \stopTrillSpan |
  }
}

[image of music]

タムタムを ‘tt’ で入力します:

#(define mydrums '((tamtam default #t 0)))

tamtamstaff = {
  \override Staff.StaffSymbol #'line-positions = #'( 0 )
  \override Staff.BarLine #'bar-extent = #'(-1.5 . 1.5)
  \set DrumStaff.instrumentName = #"Tamtam"
}

\new DrumStaff {
  \tamtamstaff
  \set DrumStaff.drumStyleTable = #(alist->hash-table mydrums)

  \drummode {
    tt 1 \pp \laissezVibrer
  }
}

[image of music]

2 種類のベルを ‘cb’ (カウベル) と ‘rb’ (ライドベル) で入力します:

#(define mydrums '((ridebell default #t  3)
                   (cowbell  default #t -2)))

bellstaff = {
  \override DrumStaff.StaffSymbol #'line-positions = #'(-2 3)
  \set DrumStaff.drumStyleTable = #(alist->hash-table mydrums)
  \override Staff.BarLine #'bar-extent = #'(-1.5 . 1.5)
  \set DrumStaff.instrumentName = #"Different Bells"
}

\new DrumStaff {
  \bellstaff
  \drummode {
    \time 2/4
    rb8 rb cb cb16 rb-> ~ |
    rb16 rb8 rb16 cb8 cb |
  }
}

[image of music]

ここで Stravinsky の ‘L’histoire du Soldat’ からの短い例を挙げます。

#(define mydrums '((bassdrum   default #t  4)
                   (snare      default #t -4)
                   (tambourine default #t  0)))

global = {
  \time 3/8 s4.
  \time 2/4 s2*2
  \time 3/8 s4.
  \time 2/4 s2
}

drumsA = {
  \context DrumVoice <<
    { \global }
    { \drummode {
        \autoBeamOff
        \stemDown sn8 \stemUp tamb s8 |
        sn4 \stemDown sn4 |
        \stemUp tamb8 \stemDown sn8 \stemUp sn16 \stemDown sn \stemUp sn8 |
        \stemDown sn8 \stemUp tamb s8 |
        \stemUp sn4 s8 \stemUp tamb
      }
    }
  >>
}

drumsB = {
  \drummode {
    s4 bd8 s2*2 s4 bd8 s4 bd8 s8
  }
}

\layout {
  indent = #40
}

\score {
  \new StaffGroup <<
    \new DrumStaff {
      \set DrumStaff.instrumentName = \markup {
        \column {
          "Tambourine"
          "et"
          "caisse claire s. timbre"
        }
      }
      \set DrumStaff.drumStyleTable = #(alist->hash-table mydrums)
      \drumsA
    }

   \new DrumStaff {
     \set DrumStaff.instrumentName = #"Grosse Caisse"
     \set DrumStaff.drumStyleTable = #(alist->hash-table mydrums)
     \drumsB }
  >>
}

[image of music]

参照

コード断片集: Percussion

内部リファレンス: DrumStaff, DrumVoice


ゴースト ノート

ドラムと打楽器のゴースト ノートは \parenthesize コマンドを用いて作ることができます。詳細は 括弧 を参照してください。しかしながら、デフォルトの drummode は括弧を記譜する Parenthesis_engraver プラグインを含みません。

\new DrumStaff \with {
  \consists "Parenthesis_engraver"
}
<<
  \context DrumVoice  = "1" { s1 }
  \context DrumVoice  = "2" { s1 }
  \drummode {
    <<
      {
        hh8[ hh] <hh sn> hh16
        < \parenthesize sn > hh
        < \parenthesize sn > hh8 <hh sn> hh
      } \\
      {
        bd4 r4 bd8 bd r8 bd
      }
    >>
  }
>>

[image of music]

また、各 \parenthesize 表現を和音構造 (< >) で囲む必要があるということに注意してください。

参照

コード断片集: Percussion


他の言語: English, deutsch, español, français, italiano
About automatic language selection.

LilyPond — 記譜法リファレンス